忍者ブログ
スポンサードリンク

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遺伝は悔しいけど大きな要素

遺伝って関係ない、背が高くなるには遺伝は気にするなって言うけど正直言って僕の見解は違う。 

余りに遺伝の要素は大きいと実際に思える事が多いいからだ。 僕の周りで小さい子供の親が根こそぎ小さいのだ。 男の子で両親、とかく母親が小さいと子供が小さい例をいっぱい見てきた。父親が普通でも母親が小さい、例えば150センチ前後の母親だと大きい子供は間近でみた事が無い。 

無論例外もあろうが、確立で言えば過半数以上だ。 父親がでかくても母親が小さいと伸びにくいのかもしれない。

女の子で小さい子が多いいのは父親が小さいケースだ。 ようは男の子は母親の血、女の子は父親の血が身長の高さでは強いと言える気がする。 これはあくまで僕の見解だが、そんな例はあなたの周りでも多いいのでは?

そこで背が高くなりたい若者に言いたい。 まず両親の身長をみてみよう。そこで遺伝的に伸びにくいのならそれはそれと認め、伸びにくいとの認識は持つべきだ。 しかし伸びる可能性があることは積極的にやろう。 それでダメなら諦めるべきだ。 しかし遺伝要素を覆すのは外的要素なので諦めずに頑張るべきである。

アルギニン系サプリや、良い睡眠、 適度な運動、ストレッチ、とにかく負担のならない範囲で頑張ろう。
それでダメなら本当に諦めてメンタルを鍛えよう。 別に身長なんか低くても楽しく生きられるし、大してマイナスなんてない。 
PR
コメント
名前:
タイトル:
URL:
コメント:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

トラックバック
この記事にトラックバックする